製造部スタッフの声

所属:伊奈工場 製造部 (2017年入社)

インタビュー

学生時代に学んでいたこと
(専攻等)

二酸化炭素吸収材の研究をしておりました。 ただし在学中はそこまで研究には参加せずに研究室の仲間とバトミントンを行なっていました。 大学は留年率が高かったので、テスト前は必死に勉強をしておりました。その時の勉強の仕方が今後資格を取る際に役に立つので、必死に勉強したことは良い経験だったと思っております。

ハーベスを選んだ理由(入社動機)

ハーベスが社員の幸せを一番に考える会社であり、「日本で一番社員満足度が高い会社」を目指しているからです。張りつめた雰囲気より楽しい雰囲気で仕事をしたいと考えていたので、就職活動の際社内の雰囲気は重要視していました。
HPにも掲載されておりますが、ハーベスではファミリー制度という制度を設けて一年を通して他部署の方と交流する多くのイベントを行っております。大人数で行うこともありますが、5人程の少数で行うイベントもあるので話がしやすいです。
ハーベスは休みをとることも仕事と考えています。さらに様々な制度を設けて社員の意見を取り入れて頂けるので、「日本で一番社員満足度が高い会社」を目指していることを入社してからも実感しています。

現在の仕事内容

工場で潤滑剤の製造を行っております。 前日にリストアップした原料を運搬担当の方に伝え、 準備して頂いた原料を当日調合・充填まで行っております。 製造といっても原料を単純に投入するだけではなく、細かく量を調整をする必要があるので計量には特に気を付けて作業しています。 最近では先輩のスピードについていけるようになり、パートさんのマネジメントもこなせるようになりました。 最初はパートさんに教えてもらう立場でしたのでようやく仕事が手に付いてきたと感じております。

職場環境や会社の雰囲気、設備、制度などについて

上司にも同僚にも相談がしやすいです。困ったことがあれば些細なことでも相談をする事ができます。その時は上司も手を止めて親身に話を聞いてくださります。
昼食はいつも食堂で食事をとっているのですが、 斜め前に部長が座っているほど社内での上司との距離は近いです。
また、勤務時間が8時間ではなく7時間15分なので集中して仕事に取り組む事が出来ます。さらに退社した後に買い物をする時間があるのは一人暮らしにはとても助かります。

仕事をしている中で、面白いと感じるところ、やりがい等

初めは全然出来なかったことが出来るようになり、以前より早く製造出来るようになった時の達成感です。仕事を通して新しいことを知れることも楽しいです。何よりも自分の作った製品が多くの方に使われていることにやりがいを感じております。 私はパートさんと2人で仕事をすることがほとんどですが他愛無い話をしたり、時にはパートさんの愚痴を聞いたりと日々の業務も楽しく感じております。

今後の抱負

様々な改善を進めていきたいです。 主に作業環境、原価低減、効率化の改善です。 改善提案制度という様々な改善を提案する制度があり、採用されると報奨金を頂けるのでモチベーションが上がります。
改善提案1件でもらえる報奨金は少額ですが、1件毎にポイントを付与され、そのポイントが積み重なると大きな金額をもらうことも可能です。
整理整頓という小さな提案から、予備で保管していた機械を業務の効率化の為に稼働させようという大きな提案まで気軽に提案出来るのもいいところです。

プライベートの質問について
休日の過ごし方や仕事以外に力を入れている事

週末どちらかはバトミントンの練習か大会に出ています。平日でも仕事終わりにバトミントンの練習をしていることがあります。大学の仲間や、学生の頃の顧問の先生に練習の相手をしてもらって楽しくバドミントンをしています。
あとはゆっくり過ごしたり、買い物に行ったりしています。 他にも自分でご飯をつくったりもします。

とある一日のスケジュール

8:40
出社
9:00
朝礼、製造準備 注文状況によってスケジュールを考えます
9:30
製造開始 パートさんとコミュニケーションを取りながら進めていきます
12:00
昼食 他の社員と談笑しながら楽しく食べています
13:00
午前の続きを実施
16:30
片づけ、明日の製造準備
17:15
退社 早く帰れるので退社後も充実しています

先輩の声をもっと見る